• HOME
  • 競売について

競売について

「競売」とは、住宅ローンなどの返済が困難になった場合、担保としていた土地や建物(つまり自宅など)などの不動産を、金融機関(債権者)が裁判所に申し立てを行い、裁判所がその不動産を強制的に売却する手続のことをいいます。
 
住宅ローンの返済を延滞していると、競売が開始された旨の通知が裁判所から届くことがあります。

債権者が裁判所へ競売の申し立てを申請し、裁判所が適法と認めると、裁判所はその住宅を差し押さえて、競売開始を決定し、債務者へ通知するのです。

競売を申し立てられ、そのままにすると、最終的には立ち退きを迫られることになります

さらに、競売後も、引き続き残った債務の支払いを請求されます

競売の場合は、入札した中の最高値で入札した人が落札します。
一般的な販売価格(不動産屋でいえば「時価」)よりも低く設定されることが多く、市場価格の5~7割程度といわれています。(つまり、最高値といっても、時価より全然安いのです)

 

競売のデメリット

1.販売価格が、市場価格よりも低くなってしまうことが多い

そのため、任意売却よりも売却後の残債務が多くなります。(したがってあなたの債務がそれだけ多く残ります)
 

2.立ち退きを迫られると、すぐに立ち退かなければならない場合もあります。

 

3.競売になってしまったことが、近隣住民に知られる可能性があります。



競売開始の決定通知がきたとしても対処方法はあります

競売申立をされたあとでも、将来にわたって安定収入があり住宅ローンを返済できると見込める場合には、場合によっては個人再生申立手続きという方法(個人再生という手続きの一種)を選択できることがあります。
 

また、個人再生が難しい場合でも、入札期間前なら任意売却も可能です。
任意売却の方が競売よりも有利な条件で売却できる可能性もありますので、任意売却も検討した方がよいでしょう(その結果、同じ家を売るのでも残債が軽くなり、ご自分や保証人の責任が軽減される可能性があります)。
任意売却をしても残債務が多く残る場合には、その債務の処理、つまり破産手続等の検討も早めに行うべきでしょう。


競売開始の決定通知がきた場合には、スピードが重要です。
できるだけ早い段階で弁護士に相談されることをお勧めします。


ImgTop9.jpg
まずはお電話にてご連絡ください。事前に相談日のご予約をお願いいたします。
※お電話でのご相談は実施しておりません。ご予約のみとさせていただいております。
●HOME ●専門家紹介 ●事務所紹介 ●アクセス ●弁護士費用
無料相談詳しくはこちら>> 弁護士とのスケジュールが合えば当日相談が可能ですehlo_mailban.png
MAP

事務所サイトはこちら

jimusyo.png

交通事故についてはこちら

koutsuujiko.png


離婚についてはこちら

rikonn.jpg


相続についてはこちら

souzoku.jpg


債務整理についてはこちら

saimuseiri.png


自己破産についてはこちら

jikohasann.jpg


個人再生についてはこちら

kojinnsaisei.png


住宅ローンについてはこちら

jyuutakuro-nn.png


法人破産についてはこちら

houjinnhasann.jpg


企業法務についてはこちら

kigyouhoumu.jpg


労働トラブルについてはこちら

roudou_banner


江原法律事務所ブログはこちら

blog_banner